英国文具ブランド「コリンズ」で仕事も日常もスタイリッシュに

英・スコットランドで1889年に創業、200年の歴史を誇る老舗の文房具ブランド「Collins(コリンズ)」。

ヨーロッパやオーストラリア、シンガポールで販売され、世界各地にファンがいるコリンズが、ついに日本に上陸!

CADA編集部は、6月20日に渋谷ロフトで行われたリリースイベントにおじゃましました♪

スポンサードサーチ

「コリンズ」ノートのラインナップ


コリンズブランドサイト)にはスケジュール帳やリフィルなど様々なシリーズがありますが、

日本国内ではまず、ノートシリーズが展開されます。ラインナップの一部をご紹介!

書籍でも利用される日本製の上質紙「キンマリ」を使用しているノートもありますよ◎

VANGUARD(ヴァンガード)

表紙はネイビーをベースに、銅色の線の独特な模様が特徴の「ヴァンガード」

GLASGOW(グラスゴー)

上品な革の表紙、便利なゴムバンドがついた「グラスゴー」

ダズル

立体的な表紙が目を引く今期限定デザイン「ダズル」

パレット

絵画のパレットのような表紙が美しい「パレット」

エッジカモ

小口(断面の部分)がユニークな迷彩デザイン「エッジカモ」

文具ソムリエール菅未里さんが語るコリンズノートの魅力

渋谷ロフトでのオープニングイベントには、文具ソムリエール菅未里さんが登場。

「ヴァンガード」と「グラスゴー」がお気に入りとのことで、魅力について語っていらっしゃいました。

「ヴァンガード」は、小口(断面部分)が箔が付いていて、閉じた時も高級感が漂うおすすめのシリーズ。

菅未里さんはその小口部分について、
「一番最初だけページ同士がくっついていて、開くときにペリペリと音がするのがたまらない」
と熱く語っていました!

また「グラスゴー」シリーズは特にグリーンが気に入ったとのこと。

ゴムバンドはさることながら、しおりが2本であることと、罫線に3つ点がついていることが便利だとおっしゃっていました。

アイデアをアウトプットするときなどに活用できそうですね!

「コリンズ」文具はこんな人におすすめ!

  • 個性をノートで表現したい
  • おしゃれな文房具でテンションが上がる
  • よくあるデザインのノートには飽きた
  • 表紙も用紙も上質なものにこだわりたい

渋谷ロフトを皮切りに、今後全国のロフトや高級文具を取り扱う書店、文具店などで販売を予定しているとのことです!

見つけたらぜひ手にとってみてくださいね。